子供の身長を伸ばす方法

MENU

 身長の悩みは深刻? 

 

 

身長が低いのを悩みにしている人はたくさんいます「身長が低いのをからかわれた」とか「いつもチビと呼ばれていた」など身長にまつわるコンプレックスを感じている人に出会う事はたくさんあります。

 

あるいは自分自身がそういう悩みを抱えているという人もいるでしょう。身長が低いことはなにも病気と直結しているわけではありません。その逆に身長が高いことも病気というわけではありません。

 

身長は個性の一部であり恥じるようなことではないのです。ただルックスは誰でも気になるものですし、身長が少なくとも平均よりも高いのを願うのは誰でも同じです。それに身長が低いのが病気によるものである場合も確かにあります。

 

下の方で簡単に説明していますが、「低身長症」と呼ばれる症状の中には疾患が要因であることも少なくありません。また研究によると低身長と他の病気とに関連性があることも分かっています。例えば身長とは一見関係なさそうな心臓関連の病気との関連性です。

イギリスのレスター大学の研究チームによると、身長を高くする遺伝子変異が多い人の場合は、心臓に血液を渡す冠動脈が詰まってしまう病気のリスクが低く、身長が低い人はそのリスクが高いということが明らかになっています。

 

心臓の働きと身長の伸びに関連性があるのは意外な点ですが、もし子どもの健康診断などで心臓関連の問題が指摘されたなら、その点も考慮すると良いでしょう。

このように身長が低いことはコンプレックスになるだけでなく、病気を予想させることもありますから、決して笑って話すようなことではありません。

 

 

 病気で身長が伸びないことがある 

ではもし自分の子どもの身長が伸びないと感じるような場合はどんな病気の可能性が疑えるでしょうか?例えば小学校6年生くらいの子どもの平均身長は、総務省の平成27年の「国民健康・栄養調査」によると145.7センチ(11歳)〜152.3センチ(12歳)ほどです。でももし自分の子がこれよりも明らかに小さい場合などは心配になります。

 

特に親が身長が特に低いわけではなく、遺伝が関係しているように思えない時は余計にそうでしょう。子どもが小さすぎる場合、成長ホルモンの分泌に問題がある場合があります。病名で言うと「成長ホルモン分泌不全性低身長症」です。

 

よくサッカー選手のメッシ選手がこれと診断されたとも言われますが、この病気は成長ホルモンが不足してしまう問題で、本来なら脳下垂体から分泌されるべき成長ホルモンの分泌が、外傷や腫瘍の影響でちゃんと出てこないのが原因です。問題が出産の時から始まっているケースもあります。「SGA性低身長症」などがそれにあたりますが、生まれてきた時のサイズがすでに小さい赤ちゃんがいます。

 

小さく生まれても自然に平均的なサイズになることもありますが、そうでないこともあり、この場合は平均値とはかけ離れた身長になります。また「軟骨異栄養症」も低身長問題の別の要素となります。骨が伸びることは身長と大きく関わりがあるのは良く知られていますが、軟骨の細胞が異常を起こして正常な骨が形作られず、手足が短くなってしまうことがあります。

 

明らかな四肢の異常であれば見た目にはっきりと分かりますが、もし「ただ小さい」というルックスであれば、素人判断で病気の関連性を判断することはできません。小児科などの専門医に相談するなどして原因を探ってみるのが賢明です。

 

この次で説明するように、病気以外の原因もありますが、確認の意味で医師の指示を仰ぐのも良い選択肢です。

 

 

 病気以外で身長が伸びない理由 

 

 

今度は病気ではない低身長の理由について簡単に説明します。身長を語る上で大事な基本要素は、栄養と運動と睡眠です。慎重に関する多くの情報がこれらの要素を強調しています。

 

まず栄養に関しては、成長に欠かせない各栄養素が足りていないことで、十分な身長の伸びが期待できません。建設現場で鉄筋やコンクリートがなければビルを建て続けられないように、栄養素という資材が摂取されなければ身長を十分伸ばすのに障害となります。特に好き嫌いが多い子どもや食が細い子どもであれば心配です。

 

あるいはバランスの悪い高脂質高カロリーのものを食べすぎて普段の3食が取れない子もいるでしょう。小学校5,6年などの高学年にもなれば、もらえるお小遣いで買い食いして、それでお腹いっぱいになって夕食は口にしないなんていうケースも十分考えられます。でも特に身長の伸びが見られる思春期に向けて、この時期にたくさんの栄養を摂取することはとても大事ですから、子どもと一緒に食スタイルを見直すことは良い事です。

 

運動不足も原因です。運動を適度に行うと骨の組織に刺激があって、骨が伸びやすくなるからです。運動を全然しなければ、適度な疲労感を感じられず、夜の心地よい眠りに誘われない場合もあるでしょう。

 

身長が伸びない別の要素は睡眠不足です。睡眠中には成長ホルモンが分泌されます。このホルモンは「成長」という言葉が付く通り、筋肉を強くし、骨の成長をサポートしてくれるホルモンです。

 

でももし夜型の生活を送っているようだと当然このホルモンが出にくいわけですから要注意です。身長が特に伸びるのは赤ちゃんのころと思春期ですが、赤ちゃんであれば親も一緒に早寝するようにして、デリケートな赤ちゃんがなにかの刺激ですぐに起きないようにしてあげるのが大切です。

 

また思春期の子どもであれば、最近はスマホを持つ子もたくさんいますが、そうした電子機器に利用されて夜更かしさせることがないようにちゃんと管理してあげましょう。

 

 

 身長を伸ばすために:食事編 

では具体的にどんな栄養素を意識したら良いかというと、まずたんぱく質です。たんぱく質は筋肉の元になるだけでなく、骨の形成にも大きく関係します。さらに成長ホルモンがより良く産生されるのをサポートします。

 

例えばたんぱく質の一種であるコラーゲンは、骨の土台部分となります。その繊維にリン酸カルシウムなどが付着することで骨が形成されています。

 

コラーゲンというと女性の肌に良さそうな成分とイメージを持っている方も多いと思いますが、あの固い骨に弾力と強度を付与している成分でもあるのです。

 

言ってみればこのたんぱく質は土台の様なもので、ミネラル類が鉄筋につくコンクリートのようなものです。マグネシウムはカルシウムを1とすればその半分の割合で作用するミネラルです。カルシウムとの連動性が高く、骨の強度と弾力性を調整するバランサーの役割があります。

 

また上で挙げた亜鉛ですが、こちらはたんぱく質の合成に役立ちます。人間は日々細胞分裂をして身体をいわば新しくしていますが、新しい細胞がつくられる時は、DNAをコピーしてたんぱく質をつくらないといけませんが、この過程において活躍する酵素に亜鉛が含まれています。身長が伸びるためには筋肉や骨の細胞が発達しなければいけませんが、亜鉛はそれをバックアップしています。

 

ここに挙げた栄養素のほかにも大切なものはたくさんあります。ビタミンB2やB6、葉酸は複数のコラーゲンを組み立てるのに欠かせませんし、ビタミンkはカルシウムが骨の土台に付着するのを助け、逆に離れてしまうのを防ぎます。ビタミンDは、そもそも小腸でカルシウムがちゃんと吸収されるのを助けます。

 

どんなに良い食事を摂っても吸収されないと意味がないので、このビタミンも大切です。要は「これだけ摂れば問題なし!なんてものはない」という事です。

 

これらの栄養素をバランスよく食べていくことが大事なのです。偏った食生活になりやすい現代において、こうした栄養の取り込みは面倒だったり大変だったりします。たいていどこの過程でも母親が料理を作っていることが多いですが、レシピを考えるのでも一苦労な時もあるでしょう。

 

それでも子どもの身長だけでなく健康全般にかかわる食生活ですから、少しずつレシピのバリエーションを増やすことを意識したいものです。

 

最近ではたくさんのレシピが投稿されているものがありますから、食材をどう使えば子どもに無理なく食べさせられるかを「研究」してみても良いです。もし忙しくてなかなかそれが進まないのであれば、補助食品としての位置付けでサプリメントで不足しがちな栄養素を補うこともできます。

 

例えば「アルギニン」という成分は成長ホルモンの分泌を促進するものとして話題になっているものです。これだけを摂ればいいというものではありませんが、取り入れることでより有利な状況になるでしょう。この成分のサプリとしては「HGHデルタバランス」などが有名です。

 

 

 身長を伸ばすために:運動編 

 

 

今度は運動です。運動をして筋肉をやわらかくすればケガをしにくいですし、前述のように適度な疲労感を起こすので夜自然と眠りにつきやすくなります。しかし運動の大切さは他にもあります。

 

骨の「骨端線」という部分に注目して話してみますが、この骨端線は身長と大きな関わりがあります。子どものレントゲン写真だとちょうど骨の端の方に横線のようなものが見えることがありますが、それが骨端線です。この線は身長の伸びが打ち止めになるころに消えますが、ここには「骨端軟骨」という柔らかい組織があって(レントゲンでは確認できない)、そこに層のように骨組織が重なって骨が延びていきます。

 

ではこのプロセスをどのように促進してあげられるかというと、運動です。ストレッチ運動を例にしてみましょう。ストレッチは体を柔らかくするのに効果的だとよく言われますが、それだけでなく、骨端軟骨を刺激する効果もあります。

 

それは骨の成長につながり、ひいては身長の伸びにつながるのです。また運動によって血行が良くなると、酸素や栄養素が血液を通って全身にいきわたりやすくなります。それは上記のように細胞分裂につながります。

 

ストレッチは自宅で簡単にできるものですから、出来れば子どもと一緒に生活の習慣にすると良いです。

 

具体的にどんなストレッチができるか方法を紹介します。まず姿勢を改善し、呼吸を整えるためのストレッチがあげられます。

 

ストレッチをすると筋肉バランスがよくなって姿勢が良くなりますが、姿勢をただすと見た目がいいだけでなく、臓器の活動も安定しやすくする効果があります。

 

臓器は栄養を消化吸収するのに重要で、ここの働きが良いと必要な栄養素の取り込みもスムーズになります。ですから姿勢そのものの身長増進効果はなくても、結果的にそれに良い環境を作れるということです。

 

また呼吸が落ち着いているとよく眠れます。睡眠については下で書いていますが、それも慎重に関係するファクターなので、姿勢矯正ストレッチを意識すると良いです。やり方としては、まず肩幅に足を開き、背筋をのばします。

 

そしてお尻を後ろに突き出すようにして背中をゆっくりと上下にそらします。お尻から首にかけて猫背とは逆の曲線を描くイメージです。三日月のフォームを意識しても良いです。

 

お風呂上がりなどに毎日してみると徐々に姿勢に良い影響が出るでしょう。ストレッチ以外にも縄跳びなどジャンプすることが多い運動は良い影響があります。

 

 

 身長を伸ばすために:睡眠編 

最後に睡眠についても取り上げましょう。

 

「寝る子は良く育つ」といいますが、確かに言い得た言葉です。というのはすでに書いたように良い睡眠は成長ホルモンの分泌を良くするからです。一気に身長が伸びる思春期には成長ホルモンが特に活発に出ますが、それを考えれば成長ホルモンが確かに身体づくりに有効であることが分かります。

 

成長ホルモンは骨と筋肉を含むカラダの各器官を発育させます。

 

前述の通りこの成長ホルモンが分泌されにくい病気の人は身長が伸びない傾向があることを考えると、より効果的にこのホルモンを出させてあげることが大切です。では具体的にどんな睡眠が大事かというと、ゴールデンタイム、つまり夜の10時から夜中の2時にかけてよく寝ることです。

 

深い眠りにあると余計にそう言えます。ですから早寝を心がけて、例えば9時には就寝して10時くらいには眠りをより深くできるようにすると良いでしょう。夜遅くまで塾で勉強させたい気持ちも分かりますが、遅寝は身長を妨げますし、ストレスのもとにもなりかねません。

 

最近は子どももスマホを夜遅くまでいじってなかなか寝ないことがありますが、やはりそのあたりの管理も親としてサポートしてあげましょう。ちなみに睡眠をとるとストレス解消にもつながります。よく「寝るとすっきりする」という人がいますが、確かに良い睡眠はストレス軽減効果があります。

 

ストレスが多いと成長ホルモン分泌が阻害されますから、やはり上質な睡眠習慣を持つようにしましょう。身長がなかなか伸びないと心配になることがありますが、身長の問題は一朝一夕の話ではありません。ですから上記の対策を根気よく続けてみるようにしましょう。

 

 

身長を伸ばすためのおすすめ商品

 

カラダアルファ(α)の特徴

子どもさんが身長が低いことで悩んでいる人が増え、身長のコンプレックスを持っていることがあります。そんな悩みを解消してくれる商品として人気があるのが、成長期向けサプリメントです。

評価 評価5
カラダアルファ(α)の総評

「カラダアルファ(α)」は、子どもを持つ親御さんの間で以前から話題になっている商品です。また、ここ何年かマスコミにも注目されるほど話題になりました。お母さんの満足度96%となっており、始めて良かったという喜びの声がたくさんあります。

カラダアルファ(α)の袋を見ていくと、原材料名という項目があり、どんなものが入っているのかが知ることができます。見ていくと、スピルナ、コラーゲン、アクアミネラル、ひじき末、ビタミンC、亜鉛酵母、その他賦形剤が入っていることが分かります。カラダアルファ(α)の主成分は、スーパーフードとして話題になっている食用藻のスピルナです。

スピルナは、植物性タンパク質つまりアミノ酸が60%以上も含まれた藻の一種でなのです。日々の食生活の栄養バランスを整えてくれる食材がスピルナですが、カラダアルファの内容成分のうち、約40%を占めています。スピルナの成分は、50種類以上の栄養素が含まれています。

例えば、カルシウム・鉄・マグネシウム・カリウム・ナトリウム・β-カロテン・ビタミンB1、ビタミンB2・ビタミンB6,ビタミンB12・ビタミンE・食物繊維・クロロフィルαなどが入っていますので、このようなスピルナの栄養素を考えると、成長期の子どもさんに摂取してほしい重要な成分の1つであることが分かります。
 
また、カラダアルファ(α)は、ひじき末(ひじきの粉末)も含まれています。ひじきは、カルシウムが働くために不可欠なマグネシウムが含まれており、他にも牛乳の約12倍のカルシウム・ごぼうの約7倍の食物繊維・鶏レバーの約6倍の鉄分が含まれているのです。

 

セノビックの特徴

ロート製薬の「セノビック」をテレビのCMで見たことがあるのではないでしょうか。セノビックを飲むと、身長が伸びる栄養素が取れるので、身長が低くて悩んでいる子どもや親御さんのための栄養補助食品として注目を集めているのです。

評価 評価4.5
セノビックの総評

身長が伸びやすい成長期にセノビックを飲んで、身長が伸びてきたという感想や口コミが話題となっています。ロート製薬通販で売り上げナンバーワンの人気商品で、累計販売数が800万袋という驚きの数になっています。そして、セノビックを初めて買った人の88%が続けたいと答えています。

セノビックにはどんな成分が含まれているかというと、まずカルシウムが含まれています。

カルシウムは、骨や歯の形成に欠かせない成分で、子どもだけでなく高齢者まで必要な栄養素です。セノビックは、牛乳150mlと一緒に飲み、それをコップ2杯分で一日に摂取したいカルシウム86%摂取することができます。しかし、カルシウムは体内になかなか吸収されにくい特徴がありますが、ビダミンDが配合されているため、骨の形成に必要なカルシウムの吸収を助けてくれます。

また、不足すると貧血の原因になり、全身に酸素を運ぶ赤血球のもとが鉄分ですが、セノビックには鉄分が含まれており、コップ2杯で1日当たりの栄養素等表示基準値81%を摂取することができますので、助かります。ボーンペップは、卵黄から発見された成分で、骨を成長させる細胞を発生させる働きを持っており、骨の成長を助けるペプチドタンパク質ですが、カルシウムと共に摂取することによって骨の伸長・骨密度を高める効果があると言われ、骨粗鬆症の予防にも有効な成分ですが、この成分がセノビックの5種類の味に含まれています。コップ2杯で100mg摂取できます。

 

ドクターセノビルの特徴

「ドクターセノビル」は、「アルギニン」を主成分にしたサプリメントです。子供の成長を支援するサービスを展開している「エメラルドオーシャン・トレーディング」株式会社が提供しています。

評価 評価4.5
ドクターセノビルの総評

成長期の子供は、成長に大切な栄養素、アルギニンを体内では十分には合成することができません。ドクターセノビルは、なんどそのアルギニンを1袋に2,500mg配合しています。アルギニンの1日あたりの必要摂取量を食事で全て摂ろうとすると大変です。

納豆を例にすると、例えば体重50kgの子供であれば、10パック以上食べなくてはなりません。そうなりますと負担ですし、カロリー過多になるおそれもありますので、アルギニンをサプリメントで補って行くというのは現実的な方法であると考えられます。

ドクターセノビルには他にも塩基性のアミノ酸の一つである「オルチニン」や、血管をしなやかにするなど様々な効果を持つことからスーパーアミノ酸とも呼ばれる「シトルリン」、分子がグリセリン、燐酸、コリン部から成っている「α−GPC」、骨の成長を助けるペプチドたんぱく質である「ボーンペップ」、成分の60%から70%が人体では合成されない必須アミノ酸をすべて含む良質なたんぱく質からできており、カロテンやビタミンB群を多く含み、ミネラルも豊富な「スピルリナ」も含まれています。

 

のびのびスムージーの特徴

そんな伸び悩む成長期の中学生や高校生の子どもを持つ、親御さんたちの間で話題となっている商品が「のびのびスムージー」です。

評価 評価4
のびのびスムージーの総評

成長期に必要な栄養素がトータルで補給できる商品なのです。のびのびスムージーのモニター購入者の94.3%が評価をし、実感できるとして10人中9人がリピーターになっており、人気の商品となっています。

そんな伸び悩む成長期の中学生や高校生の子どもを持つ、親御さんたちの間で話題となっている商品が「のびのびスムージー」です。これは、成長期に必要な栄養素がトータルで補給できる商品なのです。

のびのびスムージーのモニター購入者の94.3%が評価をし、実感できるとして10人中9人がリピーターになっており、人気の商品となっています。

 

ポリカルの特徴

ポリカルは、成長期に体格を大きくするために必要なポリカンだけでなく、コラーゲンやペプチドなどの8種類の有効成分がバランスよく含まれているサプリメントです。

評価 評価3.5
ポリカルの総評

子どもさんの身長を伸ばすには、タイミングが大切です。子どもさんの身長を伸ばすためのチャンスは成長期だけですので、この時期が重要になってきますし、子どもさんの成長期で十分な体格を作るためには十分な運動や睡眠、そして十分な栄養補給も大切です。

身長を伸ばす骨を鍛えるには、カルシウムが大切ですが、最近の研究ではカルシウムの吸収を高めるのに「ポリカン」が効果的なことが明らかになりました。そして「ポリカル」という商品は、ポリカンと呼ばれるカルシウムの吸収をサポートする成分を含んでいます

ですから、牛乳が嫌いな子どもさんでも、ポリカルなら栄養の偏りなくカルシウムを摂取できます。