男の子の身長を伸ばすには?

MENU

 男子の平均身長ってどれくらいなの? 

 

 

身長が低いのを気にする人はたくさんいます。大人であれば自分よりも背の高い人に囲まれる時はコンプレックスを感じるものですし、子どもであれば学校で他の生徒と整列した時に前の方にいることで微妙な気持ちになることがあるでしょう。

 

親であれば自分の子どもの身長が他の同年齢の子どもと比べてとても低いように感じ心配になるはずです。では年齢別に見た男の子の平均身長はどれくらいでしょうか?総務省が平成27年に発表した「国民健康・栄養調査」によると、

 

1歳の男の子の平均身長は77.8センチでした。
2歳は88.7センチ、
3歳は96.7センチ、
4歳は103.2センチ、
5歳は110.9センチ、
6歳は115.3センチ、
7歳は121.6センチ、
8歳は127.4センチ、
9歳は133.6センチ、
10歳は137.3センチ、
11歳は145.7センチ、
12歳は152.3センチ、
13歳は159.3センチ、
14歳は164.3センチ、
15歳は167.5センチ、
16歳が168.9センチ、

17歳が172.4センチ、
18歳になると少し下がって170.5センチ、
19歳は174.9センチ、
20歳は173.2センチです。

 

21歳以降は59歳までは約169センチ〜約173センチの間で推移しています。こうしてみると、だいたい17歳くらいまでで一通りの身長の伸びがあるものの、それ以降はそれほど大きな変化はないことが分かります。

 

ですから一般的には、身長が伸びると期待できるのはせいぜい成人くらいまでと考えることができます。つまり成長期にある子どもの段階で子どもの身長について具体的な対策を施していく必要があるということです。

 

 

 身長が伸びない場合に考えられる病気 

ではもしこうした平均的な成長に対して自分の子どもの成長が追い付いていないことに気づいたらどうでしょうか?

 

身長が伸びない原因にはいくつかの要素が考えられます。よく指摘されるのは遺伝の影響や栄養不足、運動不足、睡眠不足、病気です。真ん中の3つの要素に関しては自分で工夫して改善できる事ですが、遺伝に関しては先天的なものですし、病気についてはどうしようもないこともあります。

 

では身長が伸びるのを邪魔する病気としてはどんなものがあるのかいくつか見てみましょう。まず代表的なのが「成長ホルモン分泌不全性低身長症」です。成長ホルモンというワードはわりとなじみがあるものですが、このホルモンは睡眠中に分泌されるもので、骨を伸長させたり筋肉を発達させるのに大きな役割を果たします。

 

私たちのカラダは細胞分裂によって日々更新されていますが、成長ホルモンはこの細胞分裂を盛んにするのです。成長ホルモンは脳にある「下垂体」というところから分泌されます。しかしもしここがダメージを受けたり、腫瘍ができるなどして障害を持つようになれば分泌が滞ってしまう事があります。

 

あるいはそういった特定の原因ではない何かの理由で分泌が進まないということもあります。成長ホルモンに関してはストレスの問題もあります。思春期を迎える10代初めのころは、上のデータからも分かるように一気に身長が伸びる時期です。

 

ただ色々世間のことが分かってきて精神的不安を感じる時期でもあります。ストレスがあると成長ホルモンの分泌が低下するので、このあたりにストレスが強くかからないような環境をつくってあげたりして、精神面でのサポートも忘れないようにすることが大事です。他の原因としては「甲状腺機能低下症」というものがあります。

 

甲状腺はのどぼとけの下で気管の前による腺ですが、状腺ホルモンによって全身の代謝機能は正常に維持されますが、これが不足すると記憶力も低下したり体温が下がってしまったり、だるさを感じさせたりします。そして骨の成長に働きかけるホルモンでもあるので、このホルモンが十分でないと低身長の原因になりかねません。「軟骨異栄養症」も問題となります。

 

人間のカラダの土台とも言えるのが骨ですが、この病気にかかると軟骨の細胞がよく増えません。それでカラダの四肢が短くなって身長が伸びないのです。あまり大きな割合で起こる病気でないですが、この病気の場合は成人でも130センチくらいにしかなりません。

 

 

 病気が理由で身長を伸ばすには何が必要? 

 

 

もしここにあげたような病気や他の疾患が原因で男の子の身長が伸びていないのなら、やはりそれぞれの疾患の専門医の指導のもとで治療をする必要があります。
成長ホルモンや環状線ホルモンが関連しているなら、それらのホルモンを補うようにしてもらいます。

 

軟骨異栄養症の場合は外科的な手術で骨を延ばしたり、やはり成長ホルモンを投与する方法もあります。病気で背が伸びないのは特別な状況なので、必要な手順や方法についてよく相談しましょう。

 

 

 病気以外の原因の場合 

上であげたように、病気ではなく栄養や睡眠が不足している場合にも発育に遅れが出ることがあります。

 

骨や筋肉の発育を促進するには、体をつくる栄養素を十分に摂らないといけません。例えばコラーゲン(たんぱく質の一種で骨の土台となる)やカルシウムやマグネシウム、亜鉛などのミネラル類は全て大事で、身長に関連してその重要性がよく話題になる成分です。

 

サプリで摂る方法もありますが、まずはふだんの食生活でこれらの栄養素の含有がどれくらいあるのかを調べてみることから始めましょう。

 

子どもに料理を教えて栄養の大事さについて知ってもらうというのも良いでしょう。男の子の多くは料理に関心を示さないかもしれませんが、早いうちから楽しく一緒に料理する習慣を作ってあげると、料理好きの芸能人のように自分で興味を持って食生活改善に取り組むことだって期待できます。

 

また男の子は外で遊ぶのが好きなものですが、運動をすると骨の骨端軟骨という部位に刺激が加わり、背の伸びをよくすると言われています。

 

また思いっきり走り回ったりする子はわりと早い時間に眠くなって睡眠が進み、成長ホルモンの分泌にもつながるので、一緒に遊ぶ時間を増やすなどしてサポートしてあげるのも大事です。