女の子の身長を伸ばすには?

MENU

 女の子の平均的な身長はどれくらい? 

 

 

よく小さな女性を「かわいらしい」と見る男性がいますが、女性の側からすれば低身長は大きなコンプレックスになってしまうことが少なくありません。女子バレーボール選手ほどには伸びなくても、せめて「160センチ後半にはさせてあげたい」という願いを持った親もたくさんいることでしょう。

 

一方女の子の身長は一般的に男の子の身長よりも低いですから、もしかしたら中にはそれほど気にしない人もいるかもしれません。特に病気でもなく、両親の身長あるいは片方の親の身長が低い場合には「遺伝の影響だろう」と考えて、それほど伸びを期待していないという人もいるかもしれません。でも成長期の女の子が健康に身長を伸ばしていくためにはやはり親のフォローは欠かせません。

 

ところで平均的には、女の子の身長はどんな感じで推移していくのでしょうか?総務省の平成27年のデータを紹介してみます。このデータによると、
1歳の女の子の平均身長は78.4センチ、
2歳は87.2センチ、
3歳は96.2センチ、
4歳は101.2センチ、
5歳は108.3センチ、
6歳は113.1センチ、
7歳なら121.1センチ、
8歳なら127.1センチ、
9歳は133.1センチ、
10歳になると138.5センチ、
11歳は146.8センチ、
12歳は150.8センチ、
13歳は155.5センチ、
14歳は157.2センチ、
15歳が155.9センチです。

16歳は157.8センチで、
17歳が155センチ、
18歳が158.8センチ、
19歳が157センチ、
そして20歳が156.4センチでした。

 

1歳から80歳以上の対象者3,576人全員の平均値では151.1センチとなっています(男性では161.7センチ)。男の子と比べると13歳か14歳くらいの思春期あたりから女の子との間に身長差がうまれてきています。

 

また女の子は10代中ごろにはだいたい全体的なピークに到達していて、それ以降はさほど大きな伸びは示していません。男の子の場合もそうですが、ティーンエージャーあたりまでが成長期という事ができるでしょう。

 

 女の子も外でたくさん遊ばせよう 

女の子の身長を効率的に伸ばしてあげるにはどうしたら良いでしょうか?

 

これは男の子にも共通する事ですが、基本的な原則としては、良い食生活、適度な運動、良質な睡眠などがあげられます。このうち運動についてピックアップしてみたいと思います。昔から女の子はどちらかというとインドア、男の子はアウトドアというイメージがありますが、女の子もスポーツをして外で思い切り遊ばせてあげることが大事です。

 

もともとそういう事が好きな子もいますが、もしずっと自宅で遊んでることが好きなようなら時々外に連れ出してあげるのも良いです。外の空気を吸ったり、どこか少し環境の違うところで散策したり旅行に行ったりするとストレス発散につながりやすいものですが、ストレスは成長ホルモンの分泌を阻害するので、副次的な意味でも役に立つのです。ちなみにどうして運動すると良いのかというと、実は運動によって骨の「骨端線」という部位近くにある「骨端軟骨」を刺激してあげると身長が伸びると期待できるからです。

 

骨端線という言葉からイメージできるかと思いますが、これは骨の端っこの方にできる横線のようなものです。骨のレントゲン写真を想像してみた時に、骨の継ぎ目付近にうっすら黒っぽくうつる腺がありますが、それが骨端線です。そしてそこにあるのが骨端軟骨です。

 

とにかく固いイメージがある骨ですが、ここの部分は柔らかく、ここに骨を作る組織が重なる感じで最終的に骨が延びていきます。しかし女の子の場合、先ほどのデータでは10代の中ごろには身長の伸びがピーク近くになると書きましたが、このころには骨端線は見えなくなってきます。そして骨端線の消失のタイミングで骨は延びなくなってくるおです。

 

ですから成長期の間に運動で適度な刺激を与えてあげるようにすることが大事です。ハードすぎる運動は必要ありませんが、ウォーキングなどをとりいれることが出来るでしょう。ウォーキング有酸素運動であり、脂肪燃焼にも直結しますから、親子で一緒にやるのも効果的です。

 

運動をすることで適度な疲れも生じて、その結果夜に眠れるようになるというメリットも期待できます。夜早めに寝れば成長ホルモンの分泌がうまくいくので、その意味でも運動習慣を持てるようサポートしてあげましょう。

 

 

 食生活は基本中の基本 

 

 

運動について書いてきましたが、食生活も当然大事です。

 

食事によって人のカラダの多くは作られるからです。ビタミン、ミネラル、糖質、たんぱく質、脂質、食物繊維はどれも重要な要素ですが、特に身長を伸ばすという観点から注目したいのはたんぱく質とカルシウム、マグネシウム、亜鉛です。最近ではアルギニンという物質も注目されています。

 

たんぱく質の一種であるコラーゲンは骨の土台部分を形成するもので、ここにカルシウムなどのミネラルが付着して骨が作られていきます。コラーゲンは骨全体の成分の23%ほどを構成していますが、このコラーゲン線維が鉄筋のように張り巡らされていてそこにカルシウムなどが建物のコンクリート部分のように密着すると強い骨になります。これらの成分が不足すれば健常な成長が阻害される可能性があります。

 

ですからこれらの成分をたくさん配合している食材を、積極的に使うのは効果的です。