アルギニンで身長は伸ばせる?

MENU

 注目の物質:「アルギニン」って何? 

 

 

「アルギニン」はアミノ酸の一つです。アミノ酸という言葉は学校の授業で聞いたことのある人が少なくないと思いますが、その種類は大まかに2つにわけることができます。

 

必須アミノ酸と非必須アミノ酸です。必須という言葉がついていますが、非必須アミノ酸が必要のないアミノ酸というわけではありません。この場合必須アミノ酸は、「内々で合成するこのとできないアミノ酸」という意味で、「非必須アミノ酸は体内で合成することのできるアミノ酸」を指します。

 

人の体をつくるアミノ酸は全部で20種類ありますが、9種類が必須アミノ酸で、残りの11種類が非必須アミノ酸です。つまりこの9種類の必須アミノ酸は食事などで外部から補給しないといけません。アルギニンはどちらかというと「条件付き必須アミノ酸」と呼ばれています。

 

基本的に体内で合成されるので非必須アミノ酸と言えますが、子どもが成長していく過程や、ストレスがとても溜まっている時、怪我をしている時などに体内で補う必要が出てきます。

 

というわけで「状況によって」不足するので、条件付きの必須アミノ酸というわけです。

 

 

 アルギニンの役割は?

ではこのアルギニンにはどんな作用があるんでしょうか?実は成長ホルモンと深いかかわりがあります。この成長ホルモンは「下垂体」という脳の器官から分泌されます。

 

そして筋肉や脂肪を含むいろいろな体の器官での代謝を進めたり、成長期の子どもにおいては「骨を伸ばす」「筋肉を発達させる」などの作用も持ち合せています。まさに成長に関係するホルモンということです。このホルモンは睡眠中によく分泌されます。

 

深い眠りに入っていることが大切ですが、夜の10時から翌朝の2時までの間に分泌されるものです。アルギニンはこの成長ホルモンに働きかけます。成長ホルモンがより分泌されるように下垂体を刺激してくれるのです。

 

実際にアルギニンと、特に効能のないプラセボ剤を被験者に摂取させたところ、アルギニンを摂取した被験者の方が、そうでない方よりも成長ホルモンがたくさん分泌されていました。

 

このことからアルギニンを効果的に摂取してあげると、身長を高くするなどの効果が期待できます。最近は何かと睡眠不足に陥りやすい社会になっていて、夜中まで夜更かしする子どももたくさんいます。

 

スマホをいじっていたり、あるいは大人がそれをしていて横で寝ている赤ちゃんの眠りを妨げたりと、成長ホルモンが分泌される理想的な環境が損なわれやすいのです。
ですからそうした睡眠問題を解決するとともに、不足しがちな成長ホルモン分泌をサポートするアルギニンが注目されているということです。ちなみにアルギニンの別の効能としては、免疫力増大効果もあります。

 

さらに血管拡張を促して血液の巡りを良くすることにも寄与します。血液の流れが悪いと高血圧や心臓疾患の可能性が高まってしまいます。

 

ですからアルギニンは成長期の子どもにとっても大人にとっても重要なファクターです。

 

 

 アルギニンが含まれる食材 

 

 

ではアルギニンを摂取するにはどんな食材を積極的に摂りいれたら良いでしょうか?アルギニン含有量が多い食材をいくつかあげると、

  • 「大豆(2,700mg)」
  • 「かつお節(4,300r)」
  • 「ピーナッツ(落花生3,200r)」
  • 「しらす干し2,500mg」
  • 「くるみ(2,200mg」」
  • 「アーモンド(2,100mg)」
  • 「鶏の胸肉(1,500mg)」
  • 「ごま(2,700mg)」
  • 「うなぎ(1,100mg)」
  • 「にんにく(970mg)」
  • 「マグロ(1,300mg)」
  • 「牛肉(ひき肉)1,300mg」

などがあります。それぞれ100グラムあたりの含有量です。

 

こうして見るとナッツ系にはたくさんアルギニンが含まれているのが分かります。またかつお節における含有量が圧倒的に高いのも見て取れます。これらの食材の中にはふだんよく使う鶏の胸肉やごまやニンニク、大豆などもあれば、割と嗜好品という感じのあるナッツ系のものや、時々しか食べないうなぎ、そこそこ食卓に出てくるマグロや牛肉などもあります。

 

かつお節に関しては含有量は多いですが、そもそもグラム数をかせぐことが難しい食材です。こうしたものを細かく計算するのもなかなか難しい所があるので、アルギニンを使ったサプリなどで補ってやるのもいいでしょう。ですがもし可能なら、最近はネットで非常にバリエーション豊かなレシピ群を載せたサイトもあります(クックパッドなど)。

 

これらのツールを活用すれば、普段はあまり組み合わせない食材をどうやってミックスして調理できるかのヒントを得ることができます。新しい料理を考えれば家族も喜ぶでしょう。

 

また重要なこととしてアルギニンをより積極的に摂取することができるので、成長ホルモンがより分泌されやすい環境をつくれます。

 

もちろんすでに書いたように、アルギニンをひたすら摂取すればいいだけでなく、良い睡眠の習慣を持つことも大事です。これらの点を意識してトータルケアを図り、子どもの身長伸ばしのサポートをしてあげましょう。